矯正歯科

噛み合わせと歯並びを考慮した矯正歯科

西川口の歯医者「ハートピアデンタルオフィス西川口」では矯正治療に対応しており、日本矯正歯科学会 認定医と連携し噛み合わせと歯並びを考慮した治療を実現しています。歯並びや噛み合わせの乱れが気になるという方はぜひご相談ください。

噛み合わせと歯並びを両立させた矯正治療

噛み合わせと歯並びを両立させた矯正治療

矯正治療の本質は、歯並びをきれいに整えることではなく、噛み合わせを整えることです。噛み合わせが悪いと一部の歯や顎の骨に負担がかかり、肩や首の筋肉などのバランスが崩れ、肩こりや頭痛が起こりやすくなったり全身のバランスにも悪影響を及ぼしたりします。

そのため、噛み合わせと歯並びの両方を考慮して矯正治療を進めることが大切です。当院では、お口全体の噛み合わせを整えて、機能的に咀嚼が行え全身のバランスを整えることに重点を置いた矯正治療を実践しています。

また、歯を長期間失ったままにしていた場合など、空いたスペースに歯が動いてきてしまい補綴できなくなってしまったり、噛み合わせが変わってしまったりするケースでは、補綴前の前処置として矯正を行うことがあります。

矯正治療の際に大切にしているポイント

事前の診査・診断と納得のいく説明

事前の診査・診断と納得のいく説明

矯正治療を始める前に、重要なのが診査診断です。診査の際にはCTに加えセファログラム(頭部のX線写真)も撮影し、顎や骨格の状態を正確に把握した上で現状の口腔内はどのような状態なのかをしっかり診査し、どのような処置が必要か診断。入念な診査診断により最適な治療計画の立案につながり、治療をスムーズに進めることができるのです。

また、診査診断の結果はもちろん、なぜ矯正が必要なのか、治療期間、費用、治療方法、虫歯のリスク、歯みがきの仕方、後戻りと保定についてなど、矯正治療を進める際に必要な事柄についてわかりやすい言葉で丁寧にご説明します。

患者さんのご要望に合わせた治療方針

患者さんのご要望に合わせた治療方針

「目立たない装置がいい」「早く終わらせたい」といった患者さんのご要望や、費用などを伺いながら、どのような治療方法がベストなのかをご相談しながら決めていきます。当院では、主に目立ちにくいマウスピース矯正や裏側矯正をオススメしています

侵襲性の少ない治療方法

侵襲性の少ない治療方法

お口の状態によっては歯をきれいに並べるためのスペースが足りず、抜歯をしなければいけないケースがあります。しかし、抜歯は患者さんに身体的・精神的な負担をかけることになります。

当院ではできる限り抜歯をしないで矯正治療が行える方法を模索し、可能な限り抜歯を回避。患者さんのご希望を最優先に考えできるだけ痛みや負担を抑えた治療で、健康的で美しい口元に仕上げます。

矯正担当医師による矯正治療

矯正担当医師による矯正治療

矯正治療は歯科治療の中でもとりわけ専門的な知識が求められる分野です。そのため、しっかりとした矯正治療の教育を受けた、知識・経験ともに豊富な歯科医師に治療を任せたほうがよいでしょう。

当院は、矯正治療を専門とする歯科医師による診療を行っています。患者さん一人ひとりのお口の状態をしっかりと把握したうえで、見た目だけではなく噛み合わせを考えた治療をご提供します。

矯正装置について

目立たない矯正
  • クリアブラケット

    歯の表面に取り付けるブラケットとワイヤーが透明な素材でできた矯正装置です。透明で歯の色と調和するので目立ちません。

  • セラミックブラケット

    ブラケットとワイヤーがセラミックでできた矯正装置です。歯に似た色調や質であるため、目立ちにくく、人に気付かれにくくなります。

  • サファイアブラケット

    サファイア製のブラケットを使用した矯正装置です。サファイアは美しく透明感がある素材で、変色や摩耗が少ないうえ、目立ちにくいというメリットがあります。

  • ジルコニアブラケット

    ジルコニア製のブラケットを使用した矯正装置です。表面がなめらかで違和感が少なく、汚れが付着しにくく身体になじみやすい素材です。歯に似た色調や質感でありコンパクトな形状なので、目立ちません。

  • デーモンブラケット

    ブラケットの中でワイヤーが動く仕組みの矯正装置です。通常のブラケットよりも摩擦が少なく、無理な力をかけずに歯を動かせます。痛みが少ないというメリットがあります。

部分的な矯正
  • MTM

    1~数本のみに行う部分的な矯正です。矯正にかかる費用や時間を抑えられます。ただし、症例によっては適用できない場合もあります。

ワイヤーを使わない矯正
  • マウスピース型矯正装置(インビザライン)

    取り外し可能なマウスピース型の矯正装置です。シミュレーションソフトを使って治療計画を立て事前に作製したマウスピースを定期的に取り替えながら、歯を動かしていきます。透明な素材のため目立たず、食事やブラッシングの際は取り外すことができます。

裏側矯正
  • リンガルブラケット

    歯の裏側(舌側)にブラケットとワイヤーを取り付けて矯正する方法です。表側からは矯正装置が見えないので矯正していることを気付かれにくくなります。装着時は装置が舌に触れてしゃべりにくいことがあります。

その他の矯正
  • メタルブラケット

    歯の表面に取り付けるブラケットとワイヤーが金属でできた矯正装置です。歯にブラケットを装着し、そこにワイヤーを通して歯を動かしていきます。銀色のため目立ちますが、あらゆる症例に対して適応可能です。

  • インプラントアンカー

    矯正用の小さなインプラントを顎の骨に埋め込み、それを固定源にして歯を動かす治療です。他の歯へ強い力をかけることができるため、歯を早く動かすことができ、治療期間を短縮することができます。